ブログ

ブログ

  • 電話する
  • WEB予約
  • 地図を見る

すずき矯正歯科ブログ

今日は小児に使用する床矯正装置のなかで一番一般的な(側方)拡大床装置についてお話しします。奥歯を後ろに移動する拡大床装置もありますが、話が複雑になってしまうので今回は側方に拡大する症矯正装置(拡大床装置)に限定します。

この症矯正装置(拡大プレート)は凸凹を治すために歯列を主に側方に拡げるプレートタイプの装置で取り扱いや治療が非常に簡単なため矯正専門医だけでなく一般歯科医にも広く使用されています。ただし、どんな症例でも治るわけではないので注意して下さい。

続きを読む

床矯正って聞いたことありますか?

子供の歯並びを治す治療に使う矯正装置で顎を広げて凸凹を治す装置です。

簡単な装置で治療費も抑えることができることと、本格的な矯正装置を使用しないので矯正専門医でなくても使いやすいことからよく行われている治療法です。当院でも選択することがありますよ。

 

 

最近、この床矯正がらみのトラブルで相談(セカンドオピニオン)を2件程受けました。

続きを読む

今回は前回の続きで乳歯列の反対咬合についてお話しします。

3歳児検診などで反対咬合を指摘されたら・・・・

・受け口がひどくならないか不安だが、何をしたらいいのかわからない。

・まだ小さい子供に治療が可能なのか疑問だ。

・今治療すべきかどうか迷っている。

こんな心配しますよね?今回はこんな心配を解消できるように乳歯列の反対咬合に対して<どの程度の反対咬合から相談したほうがいいか?><治療方法と治療の限界>をお話しします。

手っ取り早く結果だけ知りたいという方は<まとめ>だけ読んでも構いません。

続きを読む

最近メール相談で同じような内容の相談を数件受けました。

<反対咬合の子供の治療をいつ開始したらよいか?><かかりつけ医では早く治療をした方が良いと言われたが、他院ではまだ早いと言われた><歯科医によって言うことがまちまちで何を信じていいかわからない>といった質問です。反対咬合の治療に関しては複雑で近年新しい知見なども出て治療方法自体が若干変わっているため現場で混乱が起きているのかもしれません。そこで今回から何回かに分けて矯正専門医の立場から科学的根拠に基づいた子供の反対咬合の治療の概要について説明します。

続きを読む

今回はJCOというアメリカの矯正専門誌に掲載されていたオルソパルスという歯を早く動かす装置についてのお話しです。

 

歯を早く動かす装置というとアクセルデントという装置が2年くらい前に話題になっていました。このアクセルデントは歯に微弱な振動を与えて歯の移動を早くするという装置です。あやしーなーと思っていたのですが神奈川の有名な先生が試験的に導入したと聞いて私もちょっと導入してみようかな?と思ったこともありましたが、科学的根拠が乏しい上に値段が20万と聞いてやめました。結果やめといてよかったです。去年JDRという歯科で最も権威ある雑誌にアクセルデントの効果を否定する論文が発表されました。

続きを読む

当院は先天異常症例や外科矯正といった保険適応の矯正治療を行えるクリニックであるため長崎県内だけでなく、九州、山口からも多数の患者さんが来院されていますが、最近特に遠方の患者さんからのお問い合わせを多数いただいております。その中に①部分矯正で治療可能ですか?②抜歯しないで治療することは可能ですか?というお問い合わせが何件かありました。

 

どのような治療になるかという判断は実際にお口の中を拝見していくつか考えられる治療法をお話しして検査後に最も適切と思われる治療法を2、3提案するのが通常の流れなのですが、部分矯正や非抜歯での治療は詳しく精査せずとも一見して不可能な症例というのもあるのです。遠方から休日を使ってせっかく来院して頂いたのにパッと見て抜歯が必要、部分矯正は適応外とお答えせざるを得ないことに心苦しく思っていました

 

続きを読む

先日テレビで男性の美容整形の利用者数が20年?で何十倍にも増加した、という話題を紹介してました。周りに美容整形をした男性の知り合いがいないのでホントか?と思いましたが、理由の解説を聞いてなるほどと思いました。なんでもバブル崩壊後の就職氷河期に見た目を良くして少しでも就職活動で優位に立ちたいという男性が増えたとのことです。

 

矯正歯科治療も以前は子供か女性の患者さんが圧倒的大多数だったのですが、最近は若い男性や中高年の患者さんも増加してきています。これは健康志向によるところが大きいと思うのですが、若い男性の患者さんの増加は仕事をするうえで<歯並びがいいこと>がメリットとして認識されだしたのではないかと思います。実際アメリカでは歯並びが悪いとビジネスで大きなハンデになるようですし、日本でも歯並びに対する関心が高まってきたことは矯正歯科医としてはとてもうれしいです。

続きを読む

東京から帰ってきました。今回も東京で矯正専門医の勉強会に出席して来ました。今日はその勉強会での今回のテーマであったデジタル技術を使った最新の矯正治療についてお話します。

 

近年いろいろな分野で3Dプリンタなどデジタル技術が話題ですよね。歯科分野では補綴(歯にかぶせものをする分野)でいち早く応用されていましたが、矯正分野でも応用され始めています。以前お話したインビザラインなんかはその最たるものですが、他にも舌側矯正のインコグニトという装置や、SureSmileという装置があります。どちらも治療前の噛み合わせをスキャンしたデータをもとに、コンピューターが治療後の噛み合わせを予測してワイヤーを機械が作ってくれるというものです。このシステムの利点は2つあります。

1 ドクターが治療の度にワイヤーを作らなくてよいため一回当たりの治療時間が短くなる。ドクターも楽だし一日に見れる患者さんの数を増やせる。

2 ワイヤーは機械が作るのでドクター(人間)よりも正確で治療期間が理論的には短くなるはず

というものです。今回アメリカのJCO(Jurnal of Clinical Orthodontics)という雑誌にSureSmileという装置を使用して治療した2症例の症例報告が載っていたのでその文献をみんなで考察しました。

 

結論からいうと今のところ値段ほどの価値がないのではないか、という意見で一致しました。

続きを読む

今日は前回お話した通り部分矯正(プチ矯正)について知っておいたほうが良いことをお話しします。部分矯正とは基本的に歯を抜かずに気になる部位(前歯のデコボコを治したいという希望が多い)だけ治すという治療法ですが、

どんな人にとってメリットのある治療法なのか?

どんな人には向かない治療法なのか?

治療を受ける上で気を付けなければいけないことはなにか?

についてそれぞれお話します。

続きを読む

お久しぶりです。1週間程東京に出張に行ってました。長崎が大雪で飛行機が全便欠航になり、翌日朝の便で帰ってきたのですが、大村空港からのバスが回復していなくて、遅延しまくりのJRで午後の診療にギリギリ間に合いました。

 

東京で東京医科歯科大学時代の先輩と臨床に関する情報交換を行っていたのですが、その中でインプラント矯正に関することと、ブライダル矯正についての話がでました。インプラント矯正に関しては正月休みに昨年出版された最新のインプラント矯正の教科書を2冊読んでいたので目新しい情報はあまりなかったのですが、最近の潮流に関して後日ブログに書こうと思います。

 

さてブライダル矯正についてです。「なんか宣伝とかで見ることあるけど、そんな学術用語ないし、あやしいですよね」と聞いたところ

続きを読む

<< 1 2 3 >>

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

矯正治療について

  • 本格矯正
  • 小児矯正
  • 部分矯正
  • 外科矯正・先天異常治療

医院案内

  • 症例案内
  • コンセプト
  • 治療の流れ
  • 院長・副院長紹介
  • 医院案内・アクセス
  • 患者様の声
  • 料金案内

ご相談・お問い合わせ

歯科タウン

医院案内

すずき矯正歯科

095-843-7372

診察時間10:00~19:00日祝も診察しております。アクセスJR長崎本線浦上駅徒歩3分路面電車茂里町電停下車1分

医院画像

  • 院長・副院長紹介
  • 院内紹介
  • 料金案内
  • ご予約はこちら

32.764123768384906,129.86434404788523

32.7641779,129.86414020000007

医院案内

095-843-7373

Copyright すずき矯正歯科 All Rights Reserved.