ブログ

ブログ

  • 電話する
  • WEB予約
  • 地図を見る

乳歯列期の反対咬合について

今回は前回の続きで乳歯列の反対咬合についてお話しします。

3歳児検診などで反対咬合を指摘されたら・・・・

・受け口がひどくならないか不安だが、何をしたらいいのかわからない。

・まだ小さい子供に治療が可能なのか疑問だ。

・今治療すべきかどうか迷っている。

こんな心配しますよね?今回はこんな心配を解消できるように乳歯列の反対咬合に対して<どの程度の反対咬合から相談したほうがいいか?><治療方法と治療の限界>をお話しします。

手っ取り早く結果だけ知りたいという方は<まとめ>だけ読んでも構いません。

 

 

どの程度の反対咬合から相談したほうがいいか?

 

まずお話ししたいのは乳歯列期での軽度の反対咬合は永久歯に生え変わる時期に自然治癒することがあるということです。特に完全な反対咬合ではなく切端咬合程度であれば今すぐ治療する必要はないと思います。特に心配せずに様子を見ても構いません。前歯が完全に反対に咬むようになったら専門医に相談することをお勧めします。逆に前歯だけでなく、犬歯まで反対咬合になっている場合は自然治癒は期待できないので矯正専門医に相談したほうがいいでしょう。

 

切端咬合:上の前歯が下の前歯を覆わずに先端どうしがぶつかるように噛んでいる状態

 

 

 

<治療方法と治療の限界>

 

乳歯列期の反対咬合の原因としていくつか考えられます。

①口呼吸

②筋機能:上唇の筋肉の圧が強い、オトガイ部の筋肉の圧が弱い、舌の機能の異常等

③遺伝

このなかで③の遺伝性反対咬合に関しては重度の場合は治療しても後戻りする可能性が大きいですし、無理な治療は悪影響もありますので治療自体をお勧めしません。前回もお話ししましたが、成長期終了後に外科的矯正治療をお勧めします。

 

ということで、乳歯列の反対咬合で治療の対象になるのは①②です。

①の口呼吸による悪影響は反対咬合だけでなく様々ですが、耳鼻科に通院して治す必要があるということだけ記憶して下さい。②の筋機能に関してムーシールドという装置で治療します。この装置は上唇圧の排除と低位舌の改善を目的に作られた装置です。

 

この装置の利点は

・就寝時のみの使用で効果があること。

・既製品があるためお口の型をとれない子供でも治療可能であること

・治療費が安いこと(一般的に3~5万程度です。医院によって多少の差がありますのでお尋ねください)

 

欠点は

・既製品があるものの、合うサイズがない場合は歯型をとる必要がある。

・ムーシールドの効果は9割と言われており、ムーシールドだけでは治らない症例が1割程度ある。

・ムーシールドだけで治らなかった場合は混合歯列期に治療を継続する必要がある。(その場合の治療費に関しては同じ医院で継続治療した場合は小児矯正の費用から引いてもらえることもありますので、各医院にあらかじめ確認して下さい。)

 

 

<まとめ>

・切端咬合は自然治癒することもあるのですぐに治療する必要はない

・前歯だけでなく犬歯まで反対に咬んでいたら自然治癒は期待できないので矯正専門医に相談する。

・ムーシールドだけで反対咬合が治らなかった場合、小児矯正をする必要がある。

・ムーシールドだけで治らなかった場合に小児矯正の費用から引いてもらえるかあらかじめ確認しておいた方がよい。

 

 

 

 

 

 

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

矯正治療について

  • 本格矯正
  • 小児矯正
  • 部分矯正
  • 外科矯正・先天異常治療

医院案内

  • 症例案内
  • コンセプト
  • 院長・副院長紹介
  • 医院案内・アクセス
  • 患者様の声
  • 料金案内

ご相談・お問い合わせ

歯科タウン

医院案内

すずき矯正歯科

095-843-7372

診察時間10:00~19:00日祝も診察しております。アクセスJR長崎本線浦上駅徒歩3分路面電車茂里町電停下車1分

医院画像

  • 院長・副院長紹介
  • 院内紹介
  • 料金案内
  • ご予約はこちら

32.764123768384906,129.86434404788523

32.7641779,129.86414020000007

医院案内

095-843-7373

Copyright すずき矯正歯科 All Rights Reserved.