ブログ

ブログ

  • 電話する
  • WEB予約
  • 地図を見る

その反対咬合(しゃくれ)の治療、危険です


前回のブログで<上顎骨と下顎骨の極端なズレを歯だけで補正して治すことはお勧めできない>とお話ししました。

 

今日から何回かに分けて、なぜ歯だけで過度の補正して治してはいけないのかをご説明します。

 

わかりにくいお話しですので上下の顎の骨のズレ方のタイプ別にお話しします。

 

今回は下顎が上顎に対して前方に大きくずれているタイプ、骨格性反対咬合について簡単な図を使ってお話しします。

 

 

 

 

まず、反対咬合について整理したいと思います。反対咬合って普通以下のどちらかを言いますよね?

①上下の前歯が逆咬み(下の前歯が上の前歯より前に咬んでいる)。

②下顎が出ている、つまりしゃくれている。

 

今回お話しする骨格性反対咬合は前提として②が必ずあるタイプです。

 

そこで上の図を見て下さい。黒い線で書かれているのが、矯正治療前の骨格性反対咬合です。下顎骨が上顎骨に対して大きく前にずれてますよね。

 

この状態から無理な矯正治療で歯だけで補正して治した状態が赤い線で書かれています。

上の前歯は前に大きく倒れていて、反対に下の歯は後ろに大きく倒れていますよね。

前歯の逆咬みは治っていますが、当然しゃくれは治っていません。それどころか、前歯の根っこ(歯根)が骨からはみ出しそうな程倒れているのがわかりますか?

 

 

骨格性反対咬合を無理な矯正治療で治すとこういう状態になります。この治し方がなぜ良くないか理解するために、骨を土台、歯を柱と考えればわかりやすいかと思います。家を建てる時に柱を斜めに立てる人はいませんよね?歯だって同じです。歯は柱と違って骨に対して真っ直ぐ立てるという訳ではないですが、適切な角度というものがあるんです。

 

 

結論

① 骨格性反対咬合を無理な矯正治療で治すと歯の寿命を縮めかねない

② 歯を倒して前歯の逆咬みを治しているだけなので<しゃくれ>は治らない

​③ 骨格性反対咬合は無理な矯正単独治療ではなく、外科的矯正治療(保険適応です)を検討しましょう。

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

矯正治療について

  • 本格矯正
  • 小児矯正
  • 部分矯正
  • 外科矯正・先天異常治療

医院案内

  • 症例案内
  • コンセプト
  • 院長・副院長紹介
  • 医院案内・アクセス
  • 患者様の声
  • 料金案内

ご相談・お問い合わせ

歯科タウン

医院案内

すずき矯正歯科

095-843-7372

診察時間10:00~19:00日祝も診察しております。アクセスJR長崎本線浦上駅徒歩3分路面電車茂里町電停下車1分

医院画像

  • 院長・副院長紹介
  • 院内紹介
  • 料金案内
  • ご予約はこちら

32.764123768384906,129.86434404788523

32.7641779,129.86414020000007

医院案内

095-843-7373

Copyright すずき矯正歯科 All Rights Reserved.