ブログ

ブログ

  • 電話する
  • WEB予約
  • 地図を見る

顔の曲がり、歪みが気になる方へ


顔が曲がっている気がする。

 

唇が歪んでいる気がする。

 

何だが上下の歯の真ん中がズレていてちゃんと咬めない。

 

 

こんな症状を気にしている方は顎変型症(顔面非対称)かもしれません。これは上下の顎の骨が横にズレて咬んでいる不正咬合で、外科的矯正治療で治すことができます。

 

 

 

前々回は骨格性下顎前突(上顎骨に対して下顎骨が前方にズレている)、前回は骨格性上顎前突(上顎骨に対して下顎骨が後方にズレている)について解説しました。本日は上顎骨に対して下顎骨が左右にズレている顔面非対称について解説します。

 

 

前回、前々回と同様簡単な図を使って説明します。顔面非対称にはいろいろなパターンがありますが、今回は最も説明しやすいパターンで説明します(上の図のように咬んでいない顔面非対称もあります)。

 

 

図を見て下さい、奥歯で咬んだ状態を正面から輪切りにした図ですがわかりますか?下の図が正しい咬み合わせを示しています。上の図の黒い線で書かれている状態が顔面非対称のパターンの1つです。

 

下顎の奥歯が横に左にズレていて右の奥歯が咬んでいないですよね?これを通常の矯正治療で治すと赤い線で書いた状態に歯を倒して治します。歯の根っこが骨から一部はみ出しているのがわかりますか?前々回からお話ししているようにこのように歯を倒して治すと歯の寿命が縮む可能性があります。また顔の曲がりも治りません。

 

外科矯正で治す場合は骨のズレ自体を治すことができるので、下の図のように歯を倒さずに治すことができますじ、顔の曲がりも治すことができるのです。

 

 

まとめ

①顔が曲がっていたり、上下の歯の真ん中がズレている場合は上下の顎の骨が左右にズレていることが原因であることが多い。

②上下の顎の骨が左右にズレている場合、通常の矯正治療で治すと、顔の曲がりが治らないだけでなく、歯の寿命を縮める危険性がある。

③このような咬み合わせは顔面非対称という病名で保険での治療が可能。

④外科的矯正治療(保険適応)で治せば歯の寿命を縮めずに綺麗に治せるだけでなく、顔の曲がりも治る。

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

矯正治療について

  • 本格矯正
  • 小児矯正
  • 部分矯正
  • 外科矯正・先天異常治療

医院案内

  • 症例案内
  • コンセプト
  • 院長・副院長紹介
  • 医院案内・アクセス
  • 患者様の声
  • 料金案内

ご相談・お問い合わせ

歯科タウン

医院案内

すずき矯正歯科

095-843-7372

診察時間10:00~19:00日祝も診察しております。アクセスJR長崎本線浦上駅徒歩3分路面電車茂里町電停下車1分

医院画像

  • 院長・副院長紹介
  • 院内紹介
  • 料金案内
  • ご予約はこちら

32.764123768384906,129.86434404788523

32.7641779,129.86414020000007

医院案内

095-843-7373

Copyright すずき矯正歯科 All Rights Reserved.