ブログ

ブログ

  • 電話する
  • WEB予約
  • 地図を見る

矯正治療で失敗・後悔しないために診断時に確認すべきこと②

前回、診断時に特に確認すべきこととして、それぞれの治療法のメリット、デメリット、リスクについて理解できるまで説明してもらって下さいというお話しをしましたが、今回はそれ以外に確認することをお話しします。

 

1 装置の破損などのトラブルに対する対応

 

矯正治療にトラブルはつきものです。装置が壊れた、ワイヤーが刺さって痛い、調整後に歯が痛くなった等々・・・・。

特に治療の初期にはトラブルが頻発するものです。その時すぐに対応してもらえるのか?費用がかかるのか?など予め聞いておいたほうがいいでしょう。

 

 

2 矯正治療で心配なことを聞いておく

 

身近に矯正治療を経験したことがある人以外は矯正治療は未知の世界。実際治療を始めるにしても何がなんだかわからないかもしれません。でもネットなどで<矯正治療は痛い>とかよくみますよね?痛みは個人差がありますが、どのくらい痛いのか?とか、痛いときはどうしたらいいのか?など心配はことは何でも事前に聞いておく事をお勧めします。

 

 

3 確認の文書をもらう

 

最後に重要なことを言います。

メール相談で他院で矯正治療中の患者さんからの相談でよくあるのが、言った言わないの問題です。

 

<抜歯しなくても口元が下がると言われて矯正治療を開始したが、口元が下がらないので、担当医に相談したらそんな説明はしていないと言われえた>

 

<インビザライン治療を選択したが、治らないので通常のワイヤー矯正に途中で変更したが、別途治療費を請求された>

 

<転勤で通えなくなったので、治療の引き継ぎを頼んだが、治療費は全く返せないと言われ、引っ越し先でも初めから費用がかかり、二重払いで困っている>

 

こういう感じの相談は非常に多いのですが、治療を始める前にどういう説明をされましたか?それについて文書はないですか?と尋ねると、文書はもらっていません。という回答が非常に多いんです。文書になっていないと水掛け論になってしまい解決が非常に難しくなってしまいますので、是非診断時の文書を作製してもらう事をお勧めします。特に前回お話しした、各治療法のメリット、デメリット、リスクについてと、途中で装置が変更になった時の治療費については是非文書を作製してもらって下さい。

 

P.S.

ちなみに私の場合は診断時に手書きで治療法に関することなどを診断用紙に書くのですが、そのコピーを患者さんにお渡しし、原本をカルテに入れています。記憶違い、勘違いが防げるので担当医、患者さん双方の利益になると思います。

 

同じカテゴリーの記事はこちら

カテゴリーから選ぶ

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

ブログの内容についてのお問い合わせはこちら Consultation・Contact

矯正治療をお考えの方へ

  • お子様の歯並びが気になるお母様へ不正咬合は予防できるの?
  • 矯正歯科・歯列矯正と美容の関係性
  • 歯の噛み合わせと健康について

矯正治療について

  • 本格矯正
  • 小児矯正
  • 部分矯正
  • 外科矯正・先天異常治療

医院案内

  • 症例案内
  • コンセプト
  • 院長・副院長紹介
  • 医院案内・アクセス
  • 患者様の声
  • 料金案内

ご相談・お問い合わせ

歯科タウン

医院案内

すずき矯正歯科

095-843-7372

診察時間10:00~19:00日祝も診察しております。アクセスJR長崎本線浦上駅徒歩3分路面電車茂里町電停下車1分

医院画像

  • 院長・副院長紹介
  • 院内紹介
  • 料金案内
  • ご予約はこちら

医院案内

095-843-7373

Copyright すずき矯正歯科 All Rights Reserved.